スキップしてメイン コンテンツに移動

公害にならない為に…

薪ストーブ公害?

煙を吐き出す煙突
近所の家で使われている薪ストーブからの煙で困っているという、薪ストーブを使ってい
ない妻の友人からの相談を受けました。

煙は以前から酷く洗濯ものに臭いが着く、近隣では喉が痛くなるなどの健康被害まで出ているとか。
昨年に近所数軒で当該薪ストーブユーザー宅(以後、当該ユーザー)へ煙を出さないように申し入れたそうです。
その際、当該ユーザーからは「使用は夕方から夜に限ります。」という表明があり一件落着を見たようですが、今年に入り朝から日中もモクモクと焚いているそうです。

それを先日もう一度、話が違う旨を申し入れたそうですが、悪びれずにそんな約束していないという事で物別れに終わったそうです。

そんなに薪ストーブは煙が出るものなのか?
止めさせる方法はないのか?
法的にどうなのか?という非常に残念な内容の相談でした。(*_*;

法的には判例を聞いた事もなく何とも言えないですし、止めさせる強制力があるのかどうかも分からず答えられませんでした。 一方の話だけでは分からない事もあるでしょうし…
ただハッキリ言える事は焚き方で煙は大幅に減らせるという事です。

そこはこの薪ストーブユーザーに伝えたいところでしたが…


燃焼のメカニズム

煙が出る、消えるのメカニズムを知る事ができれば意図しない煙の放出は大幅に抑制出来ると思います。
これを知らなければ、どんなに高性能と言われる薪ストーブでも近所の公害発生機になりえます。



煙が出る要因は大きく分けて…
  1. 薪の乾燥不足 (乾いているほど煙出ない)
  2. 酸素の供給不足 (通称:絞り過ぎ)
  3. 炉内の温度不足 (1、2、と密接に関係)
  4. 薪の作り方・薪のくべ方
  5. 近所への配慮不足 (d(^-^))

薪の乾燥不足

乾燥不足では薪の持つ水分が悪さをします。
湿っている事で薪が燃えづらく、気化熱の法則の通りに熱を奪いますので炉内温度上昇を妨げます。
薪は不完全燃焼を起こし続け煙を出し続けます。

酸素の供給不足

空気を絞り過ぎの燃焼状態/3年前位迄はこんな焚き方が喜ばれてた…
高性能と言われる薪ストーブ程に気を付けなければならないと思います。
炉内気密がシッカリしていて空気調整がきっちり効くタイプですね。
更に言えば燃費が良いと言われたりする高性能薪ストーブ達ですね(^3^)/

燃焼は酸化現象の激しい状態ですから酸素が減ると衰えます。
自動車やチェーンソーの燃料では空燃比(クウネンヒ)という言葉があり燃焼に最適な燃料の比率があり理論空燃費といいます。
この理論空燃費から前後いくつかの比率までは良好な燃焼をしますが、空気を絞り過ぎてあるラインよりは不完全燃焼を起こします。
不完全燃焼が続く程、炉内温度が上がりづらくなります。

燃料の消費を抑えたい気持ちや、空気を絞った際に見える独特の炎のユラメキがあり(3年程前までは気密の良いストーブが少なく酸欠気味の焚き方が一世風靡していました。当時は私もそれが良いと思ってました。、それを見たさで空気を絞り過ぎると、コントロールが効く薪ストーブ程に空気不足状態へ簡単に飛び込みます。(-_-;)
絞り具合≒燃焼状態でどの程度の煙が出るのかを目視で確認する事で感覚的に空燃比調整ができるように経験値をためる事で間違いのない操作が出来るようになります。

炉内温度の不足

炉内温度はこれまで触れた通り1、2番目と因果関係があります。
薪はそのものが燃えていると言うよりは、薪から出てくるガスが燃えています。
ガスが燃えきれずに残ったものが煙と呼ばれるようになります。
ガスが効率的に燃える、発火させるため≒酸化現象促進するためには適切な酸素と熱を必用とします。
熱は高ければ高いほど酸化現象を促進するので炉内温度が低いと煙は発生しやすくなります。
煙を出さない為には薪ストーブが痛まない範囲で高温を保つ事が必要です。
炉内温度が低ければ、薪ストーブ本体も暖まらないので部屋も暖まりません。(´ω`*)

薪の作り方・くべ方

ただのイメージカット(笑)
補助的な事ですが、薪が太過ぎると乾燥が充分に行き届かなくなり易いので、最適な乾燥
具合や程よいサイズにする必要があります。

そして薪のくべ方も煙の発生を助長する事があります。
隙間なく並べると薪の間を酸素が通らず不完全燃焼しやすくなります。
特に着火した初期からの焚き付け時、炉内温度が低い段階では顕著です。
そして炉内の広さに応じた分量の薪を投入する必要もあります。
少ないとチョボ焚きなどと言われたりして炉内温度があがらず、これも煙が発生しやすくなります。

このあたりの焚き付け方法を基礎的なテクニックとして身につけておくことで煙の排出を抑えられます。
薪ストーブのクリーン性能は正しい使い方をした前提で発揮できる、早く、安定して煙を出さない性能です。
薪ストーブは基本的に着火初期の煙は出るものですが、短時間で煙のない燃焼に出来るかどうかはユーザーの使い方次第です。


近隣への配慮


全ての要因は相乗関係にあり、煙を出して焚いてる人は上記の項目にほとんど当てはまっているケースが多いと思います。
知らないから、分からないからできない、気付けずにそうなってしまうのでしょう。

これが5番目の要因ですね(苦笑)

山の一軒家なら気にする必要はないですが、住宅街で薪ストーブを使用すると言うことは回りへの配慮は必須です。
ユーザーからすれば薪の燃えるいい臭いでも、近隣の方からすれば何かの燃える嫌な臭い位の受けとり方の違いはあるはずです。

配慮がたりず公害になり問題が大きくなれば自治体が動き、国が動いて薪ストーブ使用禁止となればせっかくの楽しみが台無しになるでしょう‼


取り扱うハンターストーブの故郷である薪ストーブ先進国イギリスでも禁止条令が出た経緯もあります。
今では厳しいルールのもとで薪ストーブの使用が認められてます。
個人的にですが明文化されたルールもいいですが、煙を出さないという暗黙のルールのもとで日本の薪ストーブ文化が深まる方がより良いような気がします。(*´ω`*)

薪ストーブを検討していて、このブログをご覧になった方には煙を出さないという考え方を知ってもらいたくて長々と書きました。

より詳しく知りたい方は信頼できる薪ストーブショップに聞く事を強くお薦めいたします。 ※特に詳細は、設置環境や薪ストーブ機種で差あります。

最後までお付き合いありがとうございます。

前談のユーザーにも伝われば幸いです…


コメント

このブログの人気の投稿

スカモレックス①

炉内のあれこれ
業界では当たり前の話なので、業界の方はいつも通りスルーお願いします。(笑)

現在、国内で流通している薪ストーブの炉内に使われるマテリアルは、ある程度共通してきています。

鋳物・鋼板そのものむき出し炉内。石材系レンガスカモレックス といったところでしょうか・・・
そして、主流になりつつあるのが、スカモレックスではないかと思います。

そもそも、スカモレックスって何よって方もいらっしゃると思うので簡単にご説明を・・・
写真、Herald 14 炉内の白っぽいプレートの素材名です。
園芸で使われるバーミキュライトを利用して作られているそうで、役割は薪ストーブ炉内の温度維持です。

炉内で熱を反射させて炉内温度を高温に維持して2次燃焼(未燃ガスを燃やす)を促進する為に装備されています。
したがって、スカモレックスの装備されている薪ストーブは比較的、立ち上がりが早く、炉内温度が高い為、燃焼性能が高いケースが多いと思います。
最新の薪ストーブはたいがい装備しているし、スカモレックスに覆われる範囲が広くなっています。
個人的に感じるスカモレックスの効果は絶大だと思ってます。('ω')ノ
世界の最新モデルに比べて、Heraldのようなクラシックスタイルの薪ストーブに装備されていたのは珍しい方かもしれませんね!!
でも、このスカモってデメリットも少しはあります。
その辺りの続きは明日・・・(笑)👋


SKAGEN

ハンターストーブ製品紹介 このところ商品の紹介をしていなかったので、久しぶりにご案内させていただきます。
イベントなどでもヘラルドとの違いを良く質問をされるので、私が個人的に考える、スカゲンとヘラルドの特性の違いをご紹介したいと思います!!


『SKAGEN』 製品読みとして、国内ではスカゲンとしておりますが、英国現地ではスケイガンみたいな感じで発音されており、名前の由来となっているデンマーク語ではスケーエンと発音されているようです。

ハンターストーブ社では、北欧向け輸出モデルとして開発しており、北欧各国又は、英国現地の都市部での販売がメインとなっています。
その設計思想がヘラルドと大きく異なる理由です。(Heraldはイギリス郊外等が主)

北欧やイギリス大都市圏では、住宅性能が高く、あまり大きな薪ストーブを必要としていないそうです。

住宅の断熱性能が高く、大きな薪ストーブでは熱くなり過ぎ、過剰な暖房能力となってしまいます。

他社製品のラインナップを見ても、モンダンタイプのモデルは対流式が多く、大型の輻射タイプはクラシックモデルに多くなっているかと思います。
SKAGENの特別なポイントは、クラシックなシルエットでありながら、とてもシンプルでモダンな印象を与えます。

それに比べてHeraldシリーズは、古民家等の大きな火力を必要とする環境に最適なように作られています。
ボディ外観のサイズに比べ、大きな炉内を備え、薪をクラスの割に多く投入出来ます。

薪が沢山入れば、出力も大きくなりますね(^o^) そして対流式ではなく、シングルスキンの輻射式。

薪の熱量をダイレクトに室内空間に放出します。

デザインは特に、The UK的で英国のクラシカルスタイルの王道を行くモデルです。

そして、炉内の広さは、薪ストーブクッキングの楽しみ易さに繋がります。


SKAGENは、比較的コンパクトで現在の新築住宅に合せ、出力を抑え込む為に、対流輻射式を採用しています。

それでも40㎝サイズの薪を飲み込み、実用性も確保されています。
(日本国内で流通している薪サイズにマッチ)

側面ならびに背面は2重構造の対流式ですが、天板は350℃程まで温度が上がるので、お湯を沸かす事も容易です。

これはとてもマイノリティーの部類に属すと思っております。

出力を抑えて全面対流式になると、天板は給湯やクッキングに…