2015年12月8日火曜日

納品

極寒の地へ旅立つ 『 Herald 8 』

出張行ってきました。


暮れにむけて、ひと段落・・・していないです。(*^^)v
ありがたいことです。

飛騨高山の販売店さんから、ご注文をいただいたタイミングで、営業がてら納品へお邪魔してきました。

飛騨高山と言えば、日本の屋根と呼ばれる北アルプスを越えて、合掌造りで知られる豪雪地帯、白川郷近くの、極寒の地です。

冬場はマイナス10℃程度は当たり前、本州では指折り数える低気温の町・・・だと思い込んでます。(+o+)

今回のエンドユーザー様は、他の薪ストーブからの切替との事。

ハンターストーブの速暖性能と、強力な輻射熱パワーでご満足いただけるものと思い込んでます。

使い手の要望に合せて、火力をコントロールできる扱い易さ、そして高いメンテナンス性、リプレイスされるユーザー様だからこそ、理解いただけるハンターストーブの性能。
後日、インプレッションをお伺いしたいと思います。

雪の中のショールーム
 その飛騨高山の販売店さんは富士ストーブさん
会長、社長からの『お客様を大切にする』というイズムが全社員に行きわたる素晴らしい販売店さんです。
過去に何度かイベントなども呼んでいただいたりと、大変お世話になっています。

そして、豪雪地ならではの、高いノウハウを持っておられ、積雪の少ない県南エリアからも来客が絶えない様です。

ハンターストーブも、飛騨高山のような寒冷地で選ばれ、評価をいただければ、どんな場所でもおすすめ出来ちゃいます!!(^o^)


【富士ストーブ ショールーム】
 〒506-0001 岐阜県高山市冬頭町1450-6
 9:00~18:00
 TEL:0577-36-6505
 ホームページ http://kankyo-fuji.com/business/yukiguni-stove.html
 ブログ    http://yukiguni.hida-ch.com/



2軒目のT氏
そして今回は、富士ストーブさんの精鋭営業マンT氏と夜の街に繰り出しました。
この方は、お酒が好き、そして薪ストーブが大好き。 そして私と一緒で理論派(理屈っぽい!?)(^^)v
マニアックな話題でアッというまに夜が更けてしまいました。

とても研究熱心な方で、お客様のライフスタイルに合せて勧められるようにと、様々なメーカーの薪ストーブを研究されています。

そして、そのマニアックな知識を、どうやって分かり易く伝えられるかを日々、模索されています。

岐阜県で薪ストーブを検討されている方は、是非ともT氏にご相談されてみてはいかがでしょうか?

燃焼の事、蓄熱の事、ランニングコストの事、細~かく説明していただける事でしょう。

もしかしたらそこで、T氏にハンターストーブ以外を勧められるかもしれませんが、一つの正解だと思って下さい。

でも、もう一つの正解は・・・
そうです、ハンターストーブなのです。<m(__)m>



最後に、飲んだ時の写真だけではT氏に申し訳ないので、キリリとした写真もUPします。

夏のイベントにて、製品説明を行うT氏













0 件のコメント:

コメントを投稿