2015年11月1日日曜日

続、イベントキャラバン

鳥取県智頭町のイベントに続き、滋賀県で開催された『火のある暮らし祭』に参加して参りました。

こちらは京都府南丹市美山町の『ハートカントリーストーブ』さんのお誘いをいただき出展させていただきました。
ハートカントリーストーブさんは、長年にわたり薪ストーブの販売施工を行う老舗販売店さんです。
積み重ねられた経験に裏付けられた確かな技術と知識で、お客様にベストなプランニングを提供されています。
薪ストーブ業界駆け出しの私としても、マニアックで分からない事などはいつも相談させてもらい親切に教えていただける頼れる存在です。

薪ストーブのみならず、様々なカントリー雑貨を扱っておられ、ショールームは一見の価値ありです。京都府周辺にお住まいの方は、家族でドライブがてらに寄ってみて下さい。

『Herald 14 Single door』 と 『SKAGEN』 の2機種が展示されています。


イベント風景①
11月24日開催『火のある暮らし祭』
さてイベントでは滋賀県栗東市の㈱ベストハウスさん主催で行われ、様々な催しを楽しめるイベントです。

地元工芸の特価販売や、ツリークライミング、雑貨の販売など、木と火を中心に、家族で楽しめるイベント構成で、沢山のご来場でにぎわっておりました。


そして、なかなかお目にかかれない、チェーンソーアート!!
クイックカービングショー
丸太からアッと言う間に2羽のフクロウが削り出されるクイックカービングショーは来場の皆様からの拍手で大盛り上がりでした。

出来上がったフクロウは、じゃんけん大会でご来場の方にお持ち帰りいただけるようになっておりました。

定例で年1回の開催との事なので、来年の開催時には是非ご来場下さい♪



ストーブトップで簡単ラスク作り
今回、私どもの目玉と言えば11月1日発売の『SKAGEN‐スカゲン』の実演展示。

SKAGENは、ラスクを焼いたり、ピザを焼いたりとフル稼働でした。

実演機は他にもあるのですが、そこは扱い易い機種が頑張らざるえない状況。

営業上は、ガンガン焚いて炎を見せていきたいところですが・・・

炉内では手作りピザを焼く
 クッキングの為に熾火での運用がメインとなりましたが、料理が出来るストーブという事で、これからストーブを検討されるご家族の奥様方からモテモテになり、嬉しい誤算でした。

ただし、中型ストーブでもスリムな部類のSKAGENでは大型の鍋類は炉内に入れる事は難しく、φ8in(インチ)程度までとなります。

そして何より嬉しかったのは弊社で運用しているフェイスブックのユーザーさんが、SAKGENの実演を見る為に、遠方よりわざわざお越しいただけた事です。

この場を借りて御礼申し上げます。
外観、サイズ、や機能等を実機でご確認いただきました。ご満足いただけたものと思っております。


SKAGEN等の展示機種の所在などは弊社までご連絡いただければ、随時ご案内もうしあげます。





0 件のコメント:

コメントを投稿